到底直せないほどのダメージを受けた車は全損と言われま

到底直せないほどのダメージを受けた車は全損と言われま

到底直せないほどのダメージを受けた車は全損と言われますが、一口に全損といっても2種類に大別できます。



物理的全損といって修理すら出来ないお手上げ状態が1つめで、2つ目は保険の支払額で修理費をカバーしきれない経済的全損でしょう。

処分を考えている車の状態にもよりますが、査定をしても

処分を考えている車の状態にもよりますが、査定をしても

処分を考えている車の状態にもよりますが、査定をしてもらってもお金にならない、なんてことがままあります。
特に、数多く売れたもので10年以上経過したものや、10万キロを超えた車、あるいは自分好みに改造を施したもの、劣化が著しいもの、動かない事故車などに至っては値段がつかないものが大半です。

自動車に掛かる税金の話をすると、所

自動車に掛かる税金の話をすると、所

自動車に掛かる税金の話をすると、所有車に1年分の請求が来て、その認定日は毎年4月1日と定められています。

でも、車を売却する際には、税金の残っている月数分に相当する金額が見積もりに上乗せされるようになっているので、月割りで税金を払うのと同じことになるので心配無用です。

車を売却する際に販売店との間で起こるか

車を売却する際に販売店との間で起こるか

車を売却する際に販売店との間で起こるかもしれないトラブルには幾つか存在しますが、その中にはとても悪質なものも存在します。例えば、査定金額を表示して納得して車を手放した後になって、更にチェックしたところ不備が出てきたなどと実際の買取金額は随分低くなってしまったケースも多いのです。

今持っている売却予定の車にどうしてもこの金

今持っている売却予定の車にどうしてもこの金

今持っている売却予定の車にどうしてもこの金額では売却不可能だと考える査定を算出して示されたときには、それなら売るのは止めると言うこともできるのです。
中古車の見積もりを出してもらいに行ったとしても、その車を必ず売却しなければならないかというとそうではないのです。